End of Adblock Cycle

Description

Adblock等の広告を非表示にするソフトを導入しているユーザーに対して警告を出します。画像やメッセージで警告を表示します。また特定の色で画面を塗りつぶしてサイトを閲覧できないようにすることもできます。

Adblock等はGoogle Analyticsのコードを停止するためユーザー数の把握が困難でしたが、このプラグインではAdblockユーザーをカウントすることができます。

一般ユーザーとAdblockユーザーの割合を設定画面で表示することができます。

警告を無効にするAnti-Adblock KillerやDisable Anti-Adblock等を導入していても動作します。

設定は以下のとおりです。

警告の設定

この項目にチェックを入れると、広告ブロックユーザーに対して警告を行います。

メッセージ

警告に使用するメッセージを入力します。(htmlタグ使用可)

画像のURL

警告に使用する画像のURLを入力します。画像のURLはフルパスで入力してください。

塗りつぶしの背景色

ページを塗りつぶす色を入力します。色の指定はWebカラーで入力してください。(例:#FFF, #FFFFFF)

背景の透明度

「塗りつぶしの背景色」に指定した色の透明度を指定します。入力は0~100の整数を入力してください。

カウントの設定

この項目にチェックを入れると、広告ブロックユーザーをカウントします。

サンプリングレート

サンプリングレートは、大量のアクセスがあるWebサイト向けの負荷対策です。

デフォルトでは全てのPVをカウントし、「1」をプラスします。
サンプリングレートを「10」にすると、10PV時にカウントを行います。この時のカウントは「10」プラスされます。

数字を増やせばサーバへの負荷は減りますが、正確性も損なわれます。

注意点

カウントは悪意のある操作の対策としてWordPress Nonceを利用しています。
nonceの有効期間はデフォルトで1日なので、ページキャッシュやリバースプロキシ等で1日以上経過すると正しくカウントできません。
キャッシュの期間を短くするか、nonceの有効期限を環境に合わせて設定してください。

また、JavaScriptが無効な環境では動作しません。

詳しい使い方や解説は作者の解説ページをご覧ください。

Thanks

以下のライブラリを利用して作成されています。

  1. FuckAdBlock
  2. jQuery blockUI plugin
  3. amCharts

Screenshots

  • Option page.

  • 画像とメッセージ有効時の警告表示。

Installation

  1. プラグインの新規追加ボタンをクリックして、検索窓に「End of Adblock Cycle」と入力して「今すぐインストール」をクリックします。
  2. もしくはこのページのzipファイルをダウンロードして解凍したフォルダを/wp-content/plugins/ディレクトリに保存します。
  3. 設定画面のプラグインで End of Adblock Cycle を有効にしてください。

FAQ

Installation Instructions
  1. プラグインの新規追加ボタンをクリックして、検索窓に「End of Adblock Cycle」と入力して「今すぐインストール」をクリックします。
  2. もしくはこのページのzipファイルをダウンロードして解凍したフォルダを/wp-content/plugins/ディレクトリに保存します。
  3. 設定画面のプラグインで End of Adblock Cycle を有効にしてください。

Contributors & Developers

“End of Adblock Cycle” is open source software. The following people have contributed to this plugin.

Contributors

Translate “End of Adblock Cycle” into your language.

Interested in development?

Browse the code, check out the SVN repository, or subscribe to the development log by RSS.

Changelog

1.3
jsファイルの取得方法をfile_get_contents()からwp_remote_get()へ変更。
アクセスできない場合のエラーメッセージの実装。
FuckAdBlockのバージョンを3.2.1へ変更。

1.2
jsファイルが存在しない場合に作成するように変更。警告・カウントを有効・無効、選択できるように変更。

1.1
jQueryの呼び出し方変更。一部テーマ用のzindex対策。

1.0
初めのバージョン。